本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。さわむら泌尿器科クリニックです。

診療方針policy&FAQ

診療方針

泌尿器科では患者さんお一人に要する時間が他の診療科に比べて長くそのため当クリニックは患者さんをお待たせすることがないよう、また十分な診療時間の確保、インフォームド・コンセントの充実のため予約制(予約優先制)による診療をしております。
ご予約は診療時間内にお電話でお受けいたします。
TEL.03-5493-5722
予約制と言っても完全予約制ではなく、患者さんをお待たせしないのが主目的ですからご予約されていない患者さんでももちろん診療いたします。
その際、ご予約された方を優先させていただきますので順番が変わったり多少お待たせすることがございます。
平日はあまり混み合うことはないですが土曜・日曜はタイミングによってはお待たせしてしまうことがございます。
また、臨時休診や早期診療終了などがあるかもしれません。診療の空き時間の確認くらいにお考えお気軽にお電話していただけると助かります。

当クリニックはビル診療所ですので防犯防災の観点から保健所に届ける診療時間以外は待合室(ビル内)でお待ちいただくことは出来ません。
早めにお着きいただいた方は申し訳ありませんがビル内にお入りにならないようお願いいたします。

院長と臨床検査技師で十分相談の上適切な検査し、保険点数をつり上げるだけのムダな検査をなくします。

通院が困難な患者さんには在宅医療専門の蒲田クリニックをご紹介いたします。泌尿器科の治療に関しましては、当クリニック院長がコンサルトしております。お気軽にお申し出ください。

東邦大学大森病院,大橋病院との太いパイプがあり、連携をはかり適切な医療をご提供いたします。

来院前のご注意

  1. 超音波検査を実施するにあたり膀胱にお小水が溜まっていることが好ましく、またほぼ尿検査も行うと思われますで受診の際は、お小水をある程度溜めてお越し下さい。

  2. 最近1年間の他医療機関での採血データや健康診断結果などございましたらご持参下さい。
  3. 現在お飲みのお薬がございましたら薬剤情報やそのお薬をご持参下さい。
  4. 性病治療やED受診の際も保険証をご持参下さい。

来院時のご注意

  1. 初診の方は受付カウンターにある問診票をご記入の上お待ち下さい。
    再診の方は診察券入れに診察券を入れてお待ち下さい。

  2. 尿検査があるかもしれません。診察前のトイレのご使用はご遠慮下さい。

  3. ご予約された方を優先させていただきますので順番が変わったり多少お待たせすることがございます。ご不便をお掛けいたしますがしばらくお待ち下さい。
  4. 保険証を提示して頂くことにより保険診療が可能となります。
    よって保険証の提示がない場合は原則保険外自由診療とさせて頂いております。


質問や問い合わせ

申し訳ございませんが院長1人で診察しておりますのでとても電話による相談には応対できません。ご遠慮ください。
メールによるご相談は受けております。 

メールアドレス sawa-cl@mail.707.to

クリニックの診療時間や道案内、診療(検査)内容についてのご質問はある程度事務員がわかる範囲でお答えいたします。



Q & A

Q;バイアグラやレビトラは処方してくれますか?
A;健康状態の確認のため過去1年以内の健康診断、人間ドックの結果を必ずお持ち下さい。(40歳以上の方は心電図の結果が必須です。)
EDの原因について問診・各種検査した後服用に問題が無ければ院内処方致します。
バイアグラ錠(ファイザー)、レビトラ錠(バイエル薬品)、シアリス錠(日本新薬)の処方は自由診療となっております。
診療に要する費用、薬に要する費用はすべて患者さんのご負担となります。
ED治療薬の処方は健康保険適用外ではありますが処方薬である以上、一定の検査を実施し健康状態に問題が無く処方しても良いという医師による診断が必要です。
当クリニックでは検査ナシでお薬だけ処方して欲しいという患者さんの要望には一切お応えできません。予めご了承下さい。

初診料4,000円 再診料2,500円(初診から6ヶ月以内)

レビトラ錠 5mg 1,100円
レビトラ錠 10mg 1,300円
レビトラ錠 20mg 1,600円
シアリス錠 5mg 1,400円
シアリス錠 10mg 1,500円
シアリス錠 20mg 1,700円
バイアグラ錠 25mg 1,200円
バイアグラ錠 50mg 1,400円
シルデナフィル錠 25mg 800円
シルデナフィル錠 50mg 950円
※シルデナフィル錠はバイアグラ錠のジェネリック医薬品です。

Q;性病にかかったみたいなんですけど健康保険使えますか?
A;当クリニックでは社保・国保・生保など各種保険診療をしており出来うる限り保険対応しておりますが、健康診断(病気であるかの否かの判断的検査)など保険適応出来ない場合がございますのでご了承ください。以下のケースをご参考下さい。

1)1週間前フーゾクに行きました。昨日あたりから排尿痛というか違和感があるのですが・・・
 →もちろん保険診療いたします。

2)1週間前フーゾクに行きました。今のところ症状は無いのですが性病が気になるので・・・
 →申し訳ありませんがが保険診療出来ません。

3)エイズに感染していないか気になるので検査して下さい。
 →保険診療できません。

4)(排尿痛で受診時)エイズや梅毒もついでに検査してもらいたいのですが・・・
 →排尿痛の治療は保険診療で。それ以外の検査は自費診療としてカルテを作ります。

5)症状は全く無いのですが、パートナーがクラミジア感染と他の病院で診断されたので・・・
 →保険診療いたしますが、そのパートナーの検査結果や診断書をお持ち下さい。

症状の無い場合ほとんどのケースでは健康保険が使えません。健康保険は病気に対して使えるものであり気になるから検査(健康診断と解釈)は認められておりません。
※保険医療機関及び保険医療養担当規則第1章第20条ロ;健康診断は、療養の給付の対象としておこなってはならない。
性病科は保険診療の解釈が面倒なので初めから保険診療しない医療機関が多いみたいですね。

Q;女性の性病検査はできますか?

A;基本的な棲み分けとしましては男性は性病科、女性は婦人科の担当となります。当クリニックでは婦人科設備がありませんので出来る診療に限りがあります。女性の場合婦人科での受診をおすすめ致しております。一般的に女性はクラミジアや淋菌に感染しても無症状であることが多く、逆に症状がある場合カンジダやトリコモナスによる膣炎が多いので婦人科の方が良いというわけです。性病に感染した疑いがある場合相手方に何か特別な症状があればまず男性の方の検査をして性病と診断されればこれに対する治療と同じ治療を女性に行うと手間が省けます。

Q;男子不妊症の診察はどのようなものですか?
A;当日診察後精液検査専用の容器をお渡しします。
1週間ほど禁欲していただきお越しになれる日に採取した精液を出来るだけお早めにお持ち下さい。
その場で精子数や動きを顕微鏡でみます。(奇形率など詳しい検査結果は3,4日ほど要します。)
検査の結果精子に異常がある場合、超音波にて精巣検査を行います。明らかな精巣異常が見られた場合は東邦大学リプロダクションセンターにご紹介いたします。
結婚して1年以上子供ができないなど病名に『男子不妊症の疑い』と付けられるケースは保険診療となりますが結婚前に精子の数が気になるなどの場合は自由診療となり保険診療の対象とはなりません。